キーワードで見る食文化
韓国の食文化について、伝統から現代の習慣・行事にいたるまで、1テーマずつ読み解いていきます。
スペーサー
お正月
 韓国ではお正月のことを「ソルラル」 (ソルラル)空白または「ソル」(ソル)空白といい、陰暦の1月1日をさします(2018年の場合、2月15日がこの日に当たります)。ちなみに、新暦1月1日のことは、「セヘ」(セヘ空白:新年の意味)といい韓国の公休日となっていますが、空白人々から「お正月」として認識され帰省や祭祀がとり行われているのは陰暦1月1日のほうで、空白こちらは3日間の公休日となっています。空白
 古くから血縁が大切にされてきた韓国では、「ミョンジョル」(ミョンジョル空白:名節)と呼ばれる季節の年中行事ごとに、空白親族が本家に集まって先祖供養の祭祀をとり行う風習があります。人々の伝統意識は時代とともに薄くなってきていますが、空白それでも仲秋と並ぶ二大ミョンジョルであるお正月には、空白やはり親族が一堂に会して祭祀を挙げ、お正月料理を食べたりお酒を飲んだりしながら親交を深めるのが風物詩となっています。空白
 そういった伝統的なミョンジョルにおいて、なくてはならないものが飲食物です。ミョンジョルにおける料理や酒は、まず天と先祖に奉じる供物という意味があり、その後に、お供えものを下げてきて人間がいただく、という流れになっています。
 
■お正月の作り方■
 さて、お正月料理のことを韓国では「ソルウムシッ」(「ソルウムシッ空白:ソル飲食)、「セチャン」空白(セチャン空白:歳饌)などと言います。空白日本のおせち料理のように「お正月にだけ食べる」というような限定された料理は少ないですが、空白お正月といえばイメージされる料理として、次のようなものがあります。空白
 
トックッ(トックッ ):餅スープ。
  うるち米の粉で搗いた棒餅を斜め薄切りにした独特の餅片(カレトッ空白:カレトッ)を、牛や鶏などでとったスープで煮て卵や海苔をあしらった料理。空白韓国全土的に、お正月といえば欠かせない料理です。空白韓国では人の年齢を満ではなく「かぞえ」で数えるため、誰もが新年にひとつ年をとります。空白そのため、「何杯目のトックッを食べましたか?」トックッ ミョックルッチェ モゴッソヨ空白:トックッ ミョックルッチェ モゴッソヨ)という問いが、すなわち年齢を尋ねるフレーズとなっています。空白
  トックッ

・マンドゥクッ(マンドゥクッ ):餃子スープ。
  刻んだ野菜や肉、空白豆腐などの具を小麦粉の皮で包んだ餃子状のものを、韓国では「マンドゥ」(マンドゥ空白:饅頭)といいますが、それを牛や鶏のスープで煮た料理がマンドゥクッです。空白マンドゥの大きさや中身はさまざまですが、手の平ほどの大きなマンドゥで作ったマンドゥクッは、平安道地方独特のお正月料理です。空白
  マンドゥクッ

・カルビチム(カルビチム ):牛バラ肉と野菜の甘辛煮。
  骨つき牛バラ肉のかたまりを柔らかくなるまで煮込み、玉ねぎやにんじん、粒にんにく、栗、なつめなどとともに醤油や砂糖で煮上げたもの。
  カルビチム

・チョン(チョン ):卵のつけ焼き。
  一口大に切った魚介や肉、空白野菜などに小麦粉と卵をつけて油で焼いたもの。よく作られるものでは、韓国カボチャ(エホバッ空白:エホバッ)、鱈、海老、蓮根、椎茸、牛肉などがあります。酢醤油をつけていただきます。空白
  韓国カボチャ

・サンジョッ(サンジョッ ):串焼き。
  チョンと似ていますが、棒状に切りそろえた複数の具材を串に差してから、小麦粉と卵をつけて焼きます。具には牛肉、葱、にんじん、きのこ、キムチなどがよく使われます。
   
・スジョングァ(スジョングァ ):干柿のシロップ漬け。
  肉桂や生姜を煎じて冷ました汁に、干柿を漬け込みます。ふっくらと膨らんだものを汁とともにいただきます。
  スジョングァ

・コッカムサム(コッカムサム ):干柿のくるみ巻き。
  干柿の種を抜き取り、代わりにくるみを詰めて形を整え、薄く小口切りにします。
   
・チャンギムチ(チャンギムチ ):醤油キムチ。
  一口大に切った白菜や大根、にんじん、梨、にんにくなどを、醤油ベースの汁に漬けたキムチの一種。
   
・トソジュ(トソジュ ):漢字で「屠蘇酒」と書きます。
  日本の「お屠蘇」同様、清酒に肉桂、山椒、白朮、桔梗、防風、陳皮、生姜などの漢方薬材を入れて煎じ、冷ました薬用酒。アルコール度数の高い蒸留酒に薬材を長期間漬けて薬用成分を浸出させる一般の薬用酒とちがって、低度数の醸造酒に薬材を入れて直火または湯煎にかけるという屠蘇酒の製法は、煎じることでアルコールが飛ぶため、子どもを含む全家族が無病息災を願って口にできる飲み物となりました。
   
・シッケ(シッケ ):甘酒の一種。
  漢字で「食醢」と書きます。炊いた米を麦芽で発酵させて作ります。麹で発酵させる一般の甘酒よりも、濃度が薄くさらさらとしていて爽やかな味がします。
  シッケ
 
 地方により家により、ほかにもさまざまなお正月料理がありますが、全体的にとうがらしやにんにくをほとんど使わず、一般の韓国料理と比べてあっさりとした味わいであることが特徴といえましょう。


キーワードのバックナンバー一覧
2012年以前のバックナンバーの一覧が掲示されています。
ナビゲーションバー下
サイトマップ
プライバシーポリシー
著作権について
コピーライト
モランボンロゴ