キーワードで見る食文化
韓国の食文化について、伝統から現代の習慣・行事にいたるまで、1テーマずつ読み解いていきます。
スペーサー
メジャックァ
 韓国の伝統菓子、「韓菓[ハングァ]」のひとつに、メジャックァ(メジャックァ空白:梅雀菓)があります。空白
 メジャックァは小麦粉の生地を油で揚げてシロップに浸けた素朴なお菓子で、空白古い文献にはメヨプクァ(メヨプクァ空白:梅葉菓)、タレグァ(タレグァ空白:タレは巻き糸の意)、チャスグァ(チャスグァ空白:叉手菓)などの名でも登場します。空白
  「梅雀菓」という風流な菓子名は、その独特な形を、梅の枝に止まった雀に見立ててつけられたと言われます。
 メジャックァは、数ある韓菓のジャンルの中では、「ユミルグァ」(ユミルグァ空白:油蜜菓)のひとつに分類されます。空白
空白
メジャックァ
空白
■ メジャックァの作り方
 ユルランは漢字で「栗卵」と書き、栗が主材料となっています。作り方は次のとおり。
@ すりおろした生姜に水を加えて絞り、生姜水をとります。小麦粉に塩少々と生姜水を加え、固めにこねて生地を作り、しばらく寝かせます。
A @の生地を綿棒で薄く延ばし、長さ5cm、幅2cmほどの長方形に切りそろえます。長方形の生地を長さ半分に折り曲げて、折り曲げたところから端へ向かって半分のところまで包丁で切込みを入れ、その切込みの両側に、さらに半分の長さの切込みを1本ずつ、合計3本の切込みを入れます。
B 折り曲げた生地をもどし、片方の端を中央の切込みにくぐらせてリボン状に形作ります。ねじり模様が上下左右均等になるように形を整えます。
C Bを中温の油に静かに入れ、箸で形を整えながらこがさないように揚げます。
D 蜂蜜または砂糖に水とシナモンパウダーを加えて煮立て、シロップを作ります。
E Cをシロップにくぐらせ、器に盛りつけて松の実のみじん切りをあしらいます。
空白
メジャックァ
空白
■ 洗練された現代のメジャックァ
 メジャックァは祭祀や婚礼、花祭り(灌仏会)などの冠婚葬祭や年中行事のときに、お供え物として長く作られ食べられてきましたが、近年では来客用の茶菓子や子どもの手作りおやつとしても紹介されています。
 韓菓の多くがそうであるように、メジャックァももともと見た目・味ともに地味なお菓子でしたが、近年では色・形・味のヴァリエーションが生まれ、洗練されてきました。
 色については、ウチワサボテンの実(鮮やかな桃色)、クチナシ(黄)、抹茶、紫芋、にんじん、黒ごま、葡萄などさまざまな食材で天然の色と風味が醸し出されます。その場合、色の材料である粉末や汁は、小麦粉をこねるときに加えます。色づけした生地と無色の生地を重ねたり、別々の色の生地を重ねて合わせることにより、2色のねじり模様を演出することもできます。
 形も、上記の伝統的な形以外に、菊形や梅形に型抜きしたもの、生地を細長く切って幾何学模様に組んだ組み紐形のもの、薔薇の花びら形にこしらえたものなど、バラエティ豊かなメジャックァが登場しています。
 スタイリッシュにまとめられたメジャックァの盛り合わせや箱詰めは、その洗練された伝統美に目が惹かれます。
空白


キーワードのバックナンバー一覧
2012年以前のバックナンバーの一覧が掲示されています。
ナビゲーションバー下
サイトマップ
プライバシーポリシー
著作権について
コピーライト
モランボンロゴ