キーワードで見る食文化
韓国の食文化について、伝統から現代の習慣・行事にいたるまで、1テーマずつ読み解いていきます。

パプクルッ
スペーサー
 韓国の食べ物屋さんに入ると、見慣れない食器や調理器具、あるいはその奇抜な使用法に興味が惹かれることがあるのではないでしょうか。
 そんな興味深い食器のひとつに、空白韓国のご飯茶碗があります。ご飯茶碗は、韓国語で「パプクルッ」(パプクルッ) といい、パプ(パプ) はご飯、クルッ(クルッ) は食器をさします。空白また、伝統的な呼称として、「チュバル」(チュバル :鍮鉢) という言葉もあります。空白
 パプクルッには陶磁器製、真鍮製、ステンレス製、銀製、石製などがありますが、現代の韓国の飲食店でもっとも多用されているのは、扱いやすくて丈夫なステンレス製のパプクルッです。
パプクルッ
 安定感のある独特なフォルムをしたこのステンレス製パプクルッは、別名コンギ空白(コンギ) 、パプコンギ(パプコンギ) とも呼ばれます。コンギは漢字で「空器」と書きますが、空白このタイプのご飯茶碗のみに使われる言葉です。空白コンギは必ず蓋とセットになっており、蓋は本体よりも外寸が大きく、空白上からすっぽりとかぶさるため、熱々のご飯を入れても湯気の滴が器の中に落ちないようになっています。空白そしてこのコンギにはご飯を目一杯、もしくは山盛りによそうのが韓国式です。そのため、コンギがやや小ぶりに見えても空白、蓋を開けると驚くほどたっぷりのご飯が入っています。空白
 韓国の飲食店では、ご飯といえば、空白たいていこのコンギに入って提供されます。そのため、日本で言うところの「ライス」は、韓国語では「コンギパプ」空白(コンギパプ) といいます。繁忙店ではしばしば、店がこみだす前に、空白熱々のご飯を詰めたコンギを保温庫または保温ジャーに隙間なく並べ入れてスタンバイし、空白いざ注文が入ると料理の仕上がりに合わせてそこからコンギパプを出す、というスタイルが見られます。空白
 さらに近年、外面が熱くならず保温性に優れた真空二重構造のステンレス製コンギも販売されるようになりました。
パプクルッ
 さて、伝統的な韓国の食事は、空白一般にご飯を中心にお膳立てされており、ご飯を提供することは言わずとも当然のことでした。空白そのため飲食店においても、主たるメニューを頼むと、ミッパンチャン(ミッパンチャン)空白 と呼ばれる小さなおかず数種類とともに、コンギパプが無料でついて出てくるものでした。空白
 ところが、近年は物価の上昇や価値観の多様化に伴い、空白そうした食の概念も変わりつつあります。以前は決して見られなかった、「コンギパプ ピョルト」(コンギパプ ピョルト空白:ライス別料金) という店内表示がそれを物語っています。空白従来の韓国の飲食店では、ライス代やおかず代を含んだ料理価格設定になっており、空白おかわりの注文に対しても無料でサービスするという大らかな風土がありましたが、空白近年では少しでも表示価格を下げるために、またライスを注文しない客にも不平等感を与えないために、空白ライス代を別料金とする飲食店が増えつつあるようです。空白



キーワードのバックナンバー一覧
2012年以前のバックナンバーの一覧が掲示されています。
ナビゲーションバー下
サイトマップ
プライバシーポリシー
著作権について
コピーライト
モランボンロゴ
m="-2px"; document.getElementById("moranbong_rogo").style.margin="0px 0px -10px 0px"; }