キーワードで見る食文化
韓国の食文化について、伝統から現代の習慣・行事にいたるまで、1テーマずつ読み解いていきます。

トゥブチョンゴル
スペーサー
  空白伝統的な韓国料理のジャンルのひとつに、「チョンゴル」(チョンゴル) というものがあります。空白
  空白チョンゴルは、時代とともに形態を変えて現在に至りますが、現在の韓国で「チョンゴル」といえば、空白フライパンもしくは中華鍋を平たくしたような浅めの大鍋にさまざまな具材を入れて煮る、空白または炒め煮にする鍋料理をさします。同じ鍋料理である「チゲ」(チゲ ) と区別のつきにくい部分もありますが、空白庶民的なチゲに比べてチョンゴルはやや高級感があり、浅く平たい鍋で作るところや、空白具だくさんで汁が比較的少ないところ、食卓で火にかけて煮ながら食べていくところなどが、チョンゴルの特徴といえます。空白
セゴギチョンゴル
 チョンゴルの調理法や由来について記載された文献をみてみると、時代によって鍋の形や調理法が異なっていることがわかります。
 古い時代に著された柳得恭[ユドゥッコン]著空白『京都雑志』(1700年代末頃)や、徐有[ソユグ]著空白○○雑志雑志』空白(1800年代初頃)、趙在三[チョジェサム]著空白『松南雑識』(1800年代中頃)では、チョンゴルを漢字で「氈骨[チョンゴル]」と表記し、空白陣中の郡司がかぶっていた縁の広い鉄製の帽子「氈笠[チョルリプ]」に由来する空白「氈笠套[チョルリプトゥ]」という鉄鍋で調理されていたこと、そして帽子を逆さまにした形の空白氈笠套[チョルリプトゥ]の、中央のくぼんだところにスープを入れ、空白周りの平らな縁のところで肉や野菜を焼いて食べていたことが記されています。空白
 それが、時代が下るにつれて、現在のような縁のない鍋で「焼く」というよりも「煮る」料理となり、漢字の表記も「煎骨[チョンゴル]」とされるようになりました。
 現在、チョンゴルは主材料を何にするかによってさまざまな種類がありますが、どれも、主材料以外に葱や春菊、芹、きのこ、朝鮮かぼちゃ、キムチなど豊富な副材料が入り、見た目にもおなかにも豪華なメインディッシュとなります。味つけは、コチュジャンベースの濃厚なタイプのほか、しょうゆ・塩ベースのあっさりタイプもあります。
 空白中でも、トゥブチョンゴル(トゥブチョンゴル:豆腐のチョンゴル)は、マッチ箱大に切った木綿豆腐をぐるりと並べたスタンダードなタイプ以外に、空白切った豆腐の両面を油で焼いて間にひき肉をはさむようにサンドし、空白ニラできれいに結んだ宮中スタイルも有名です。空白

 そのほかにも、次のようなチョンゴルがあります。
セゴギチョンゴル(セゴギチョンゴル) :牛肉のチョンゴル。空白
セゴギチョンゴルとコプチャンチョンゴル
ナッチチョンゴル(ナッチチョンゴル) :手長ダコのチョンゴル。空白
プルラッチョンゴル(プルラッチョンゴル) :牛肉と手長ダコのチョンゴル。空白「プルラッ」は「プルコギ」(牛焼き肉)と「ナッチ」(手長ダコ)の略語。空白
コプチャンチョンゴル(コプチャンチョンゴル) :牛内臓のチョンゴル。空白
マンドゥチョンゴル(マンドゥチョンゴル) :水餃子入りチョンゴル。空白
ヘムルチョンゴル(ヘムルチョンゴル) :海鮮入りチョンゴル。空白
   
 そして、代表的な宮中料理である「シンソルロ」空白(シンソルロ:神仙炉)も、チョンゴルの一形態とされています。空白



キーワードのバックナンバー一覧
2012年以前のバックナンバーの一覧が掲示されています。
ナビゲーションバー下
サイトマップ
プライバシーポリシー
著作権について
コピーライト
モランボンロゴ
if(ua.indexOf('Netscape6')>0){ //alert("ua="+ua); document.getElementById("navi_bottom").style.margin="0px 0px -10px 0px"; //document.getElementById("navi_bottom").style.bottom="-2px"; document.getElementById("moranbong_rogo").style.margin="0px 0px -10px 0px"; } m="-2px"; document.getElementById("moranbong_rogo").style.margin="0px 0px -10px 0px"; }