キーワードで見る食文化
韓国の食文化について、伝統から現代の習慣・行事にいたるまで、1テーマずつ読み解いていきます。

メッチョッ
スペーサー
 このコーナーでは今年(2015年)に入り、李氏朝鮮王朝時代から伝わる韓国の宮中料理を毎月とりあげていますが、第9回目、今月のテーマは「プゴポプラギ」(乾燥すけそうだらのほぐし和え)です。
プゴポプラギ
 すけそうだらは韓国語でミョンテ(ミョンテ:明太)といい、空白生のもの、干したもの、空白冷凍ものなど四季折々でさまざまな用途に調理される国民的な大衆魚です。空白中でも、開いて凍結乾燥させたものをコンミョンテ(コンミョンテ:乾明太)、空白ミョンテポ(ミョンテポ:明太脯)、ファンテポ(ファンテポ:黄太脯)、空白プゴ(プゴ:北魚)、プゴポ(プゴポ:北魚脯)などといい、空白水で戻して蒸したり、焼いたり、煮たり、細く裂いて薬味で和えたり、空白ダシがよく出るのでスープや鍋ものに入れたりと、空白韓国料理ではたいへん重宝される食材です。空白いわゆる日本の「干物」よりも水分をしっかりと乾燥させたこの「プゴ」は、姿のまま、空白あるいはプゴチェ(プゴチェ)といって皮と骨をとり細く裂いた状態で出回っています。空白
プゴポプラギを使った料理
細く裂いたプゴポプラギ
 細く裂いたものを薬味調味料で和えると「プゴ ムッチム」空白(プゴ ムッチム)あるいは「プゴチェ ムッチム」(プゴチェ ムッチム)空白と呼ばれますが、さらに細かく綿のようにフワフワにほぐしてから、空白薬味調味料で和えたものが「プゴポプラギ」です。空白「プゴポプラギ」は一般に、加える調味料により白色(塩ベース)、空白茶色(しょうゆベース)、橙色(粉とうがらしベース)の三色に仕上げます。空白
<ポゴポプラギの作り方>
@
乾燥すけそうだらの骨や皮、頭、ひれ、えらなどをとり除き、身をフードプロセッサーにかけるか、おろし金でおろして糸のように細かくほぐす。
A
三等分し、それぞれ別々に調味料を加えて手でしっかり和える。しょうゆで和えるものは、水分でカサが減るため、量を多めにとる。
【白色】塩、砂糖、ごま油、すりごま
【茶色】しょうゆ、砂糖、ごま油、すりごま
【橙色】粉とうがらし、塩、砂糖、ごま油、すりごま
ポゴポプラギ
B
三色を丸くこんもりと盛り合わせる。

 プゴポプラギは、チュクサン(チュクサン:粥床)空白と呼ばれる粥膳におかずとして添えられたり、チュアンサン(チュアンサン:酒案床)空白と呼ばれる酒肴膳に出されたりします。すけそうだらの堅い身をほぐすのに手間がかかり、空白また手間のわりには地味な一品ですが、子どもからお年寄りまで老若男女を問わず喜ばれる料理です。空白
 



キーワードのバックナンバー一覧
2012年以前のバックナンバーの一覧が掲示されています。
ナビゲーションバー下
サイトマップ
プライバシーポリシー
著作権について
コピーライト
モランボンロゴ
m="-2px"; document.getElementById("moranbong_rogo").style.margin="0px 0px -10px 0px"; }