キーワードで見る食文化
韓国の食文化について、伝統から現代の習慣・行事にいたるまで、1テーマずつ読み解いていきます。

フェピビン麺
スペーサー
 フェピビンミョンフェピビンミョン。フェフェ は刺身、ピビンピビン は混ぜること、ミョンミョン は麺を意味します。
 数ある韓国の麺料理の中でも、空白冷たい麺の双璧をなすのが、平壤[ピョンヤン]発祥のムルレンミョン(ムルレンミョン :汁冷麺) と咸興[ハムフン]空白発祥のピビンネンミョン(ピビンネンミョン :混ぜ冷麺)。後者はピビンミョンピビンミョン空白ピビングッスピビングッス などとも呼ばれ、コシの強い麺にパンチのきいた甘酸っぱ辛いたれをからめ、空白きゅうりや梨、ゆで卵などの具をのせた汁気のない麺です。そして、この流れを汲んで、空白刺身を上記の激辛だれで和えてのせたバージョンが、表題のフェピビンミョンです。空白
 フェピビンミョンは空白別名フェネンミョンフェネンミョン、フェグッスフェグッス、フェピビングッスフェピビングッス などとも呼ばれ、空白前述のとおり朝鮮半島北部の港湾都市、咸興の郷土料理でしたが、朝鮮戦争(1950〜53)空白の間に北部から南部へ避難してきた人々が停戦・南北分断により南部で定住する中で、空白郷土料理店である冷麺屋さんを通して広まっていったという歴史的経緯があります。空白特に、当時臨時政府のあった釜山[プサン]一帯には多くの避難民が流入し、海産物の豊かな土地柄もあってフェピビンミョンが定着したようです。空白
フェピビンミョン
 では、空白フェピビンミョンの主役となる刺身について見てみましょう。空白伝統的には、品種により韓国語でカオリカオリ空白ホンオホンオ、カンジェミカンジェミ空白 などと呼ばれる空白「エイ」の仲間が多く使われてきました。空白また、咸鏡道[ハムギョンド]空白地方の郷土料理である鰈(かれい)空白やハタハタの食醢空白[シッケ] (魚を塩、とうがらし、空白麹などで空白発酵させたなれずし状の保存食)空白をのせたというのがそもそもの空白始まりでもあったようです。生魚の空白流通が発達した近年では、鯛 [たい]、平目、空白鰈 [かれい]、鱈 [たら] など白身魚の刺身が広く使われています。空白空白
  最後に、この料理にはチョコチュジャン空白(チョコチュジャン :とうがらし酢味噌)、ヤンニョムジャン( ヤンニョムジャン:薬味だれ) などと呼ばれる合わせ調味料がポイントとなります空白。配合は店により家庭によりさまざまな工夫が凝らされますが、一般にはコチュジャン、空白砂糖、酢、おろしにんにく、すりごまなどを混ぜ合わせて作ります。空白ほかに玉ねぎのすりおろしや生姜汁、オリゴ糖、梅シロップ、ごま油などを隠し味に使う場合もあります。空白



キーワードのバックナンバー一覧
2012年以前のバックナンバーの一覧が掲示されています。
ナビゲーションバー下
サイトマップ
プライバシーポリシー
著作権について
コピーライト
モランボンロゴ
m="-2px"; document.getElementById("moranbong_rogo").style.margin="0px 0px -10px 0px"; }