キーワードで見る食文化
韓国の食文化について、伝統から現代の習慣・行事にいたるまで、1テーマずつ読み解いていきます。

コッチョリ
スペーサー

 コッチョリコッチョリ とは、韓国料理における野菜の調理法のひとつで、白菜や生食に向く葉野菜などを、軽く塩漬けするかそのままで、合わせ調味料をかけて和えたものです。日本語では「即席漬け」「即席和え」「浅漬け」「サラダ」などと訳すことができます。コッチョリのコッコッ は「表面」「外側」、チョリチョリ は「漬けたもの」を意味します。
 コッチョリは、調理法的にみるとキムチの一種ととらえることもできますし、センチェ(生野菜のサラダ)の一種、あるいはムッチム(和えもの)の一種ととらえることもできます。
 コッチョリには、たとえば次のようなものがあります。

白菜の即席キムチ
 白菜を大きめに裂くか切って軽く塩漬けし、水気をきってヤンニョムで和えます。ヤンニョムには唐辛子、にんにく、生姜、葱、アミの塩辛など一般的なキムチヤンニョムの材料のほかに、酢やごま油を加えることもあります。コッチョリキムチコッチョリキムチ あるいはキムチコッチョリキムチコッチョリともいいます。白菜の中でも、ポムドンペチュポムドンペチュ と呼ばれる、春先にとれる小型の柔らかい白菜がこの料理に向いており、それで作ったものを「ポムドンコッチョリ」 ポムドンコッチョリ といいます。

サンチュの即席和え
サンチュをざっとちぎり、食べる直前にヤンニョムをかけて和えます。ヤンニョムはしょうゆに唐辛子やごま、ごま油、酢などを加えたドレッシングタイプのものをよく使います。つまり、ピリ辛ドレッシングで和えたサンチュサラダと表現することもできます。玉葱やきゅうりのスライス、わかめなどを加えることもあります。「サンチュセンチェ」サンチュセンチェ あるいは「サンチュムッチム」サンチュムッチム ともいいます。

にらの即席和え
にらを適当な長さに切り、ヤンニョムで和えます。ヤンニョムは、しょうゆににんにく、ごまなどを加えたさっぱりタイプのものから、塩辛や唐辛子を加えたキムチタイプ、コチュジャンやごま油を加えたこってりタイプなど、好みの配合で混ぜ合わせることができます。「プチュムッチム」プチュムッチム ともいいます。


たんぽぽのコッチョリ

白菜のコッチョリ

小松菜のコッチョリ
たんぽぽのピリ辛サラダ
たんぽぽの柔らかい葉を摘んでよく洗い、ヤンニョムで和えます。ヤンニョムは、しょうゆに唐辛子、ごま、ごま油、酢などを加えたドレッシング状のものがよく合います。「ミンドゥルレセンチェ」 ミンドゥルレセンチェあるいは「ミンドゥルレムッチム」 ミンドゥルレムッチム ともいいます。

ほうれん草のピリ辛サラダ
サラダほうれん草を使って、他のコッチョリ同様、ヤンニョムで和えて作ります。



キーワードのバックナンバー一覧
2012年以前のバックナンバーの一覧が掲示されています。
ナビゲーションバー下
サイトマップ
プライバシーポリシー
著作権について
コピーライト
モランボンロゴ
m="-2px"; document.getElementById("moranbong_rogo").style.margin="0px 0px -10px 0px"; }