キーワードで見る食文化
韓国の食文化について、伝統から現代の習慣・行事にいたるまで、1テーマずつ読み解いていきます。

チャプチェ
スペーサー
チャプチェ

 チャプチェ チャプチェ とは、漢字で「雑菜」と書き、いく種類もの野菜や牛肉、春雨などを炒めて和えたおかずのこと。現在では祭祀の供物としてはもちろん、家庭のおかずとしても、人気のある定番料理です。
 下記のように、チャプチェにはいくつか種類がありますが、一般には次のような材料を使います。
 まず、春雨。韓国の春雨は「タンミョン」 タンミョン といって、さつまいも澱粉で作った、黒っぽくて太めのものです。タンミョンのもどし方は、種類や用途により方法がいくつかあるようですが、一般的には熱湯に入れてさっと茹でてからそのまましばらく置き、ほどよい固さにもどったところで冷水にさらす、という方法です。ほかに、水にしばらく浸けてから炒めたり、だし汁に浸けて炒め煮にする方法などがあります。どの方法でも、もどし過ぎず独特のコシを残すことがポイントです。
タンミョン
 次に、玉ねぎ、きゅうり、にんじん、きのこ(きくらげ、椎茸、平茸など)、ほうれん草などの野菜類が入ります。野菜はそれぞれ、さっと茹でて下味をつけておいたり、塩こしょうでさっと炒めたりして下ごしらえをします。別々に下ごしらえしたものを最後に和えたとき、彩りよく仕上がるようにするのがポイントです。
 そして、牛肉。牛肉はしょうゆ、砂糖、にんにく、ごま油などで下味をつけて炒めておきます。それから、錦糸卵も最後のあしらいに使います。
 また、このような一般的なチャプチェ以外に、「ヘムルチャプチェ」 ( 魚介類のチャプチェ :魚介類のチャプチェ)や、「ポソッチャプチェ」 ( きのこのチャプチェ :きのこのチャプチェ)、「ネンチャプチェ」 ( 酸味のきいたサラダチャプチェ :酸味のきいたサラダチャプチェ) などもあります。
ヘムルチャプチェ
 さて、チャプチェという料理のルーツは古く、『飲食知味方(ウムシッチミバン)』(1670年ごろ)、『飲食譜(ウムシッポ)』(1700年ごろ)、『閨壺要覧(キュゴンヨラム)』(1896年)などの料理書に登場してきました。しかし、これらの文献に出てくる「チャプチェ」は、現在のものとは少しちがっており、春雨は使わず、細切りにした野菜類を炒めて、最後に澱粉や小麦粉でとろみをつけていました。春雨を使うようになったのは、20世紀に入ってからのことです。



キーワードのバックナンバー一覧
2012年以前のバックナンバーの一覧が掲示されています。
ナビゲーションバー下
サイトマップ
プライバシーポリシー
著作権について
コピーライト
モランボンロゴ
tom="-2px"; document.getElementById("moranbong_rogo").style.margin="0px 0px -10px 0px"; }