キーワードで見る食文化
韓国の食文化について、伝統から現代の習慣・行事にいたるまで、1テーマずつ読み解いていきます。

パプ
スペーサー
  は韓国語で「ご飯」のこと。日本語の「ご飯」と同じく、主食となる「米飯」をさすのと同時に、広い意味で「食事」をさすこともあります。
 現代韓国の社会通念では、パプといえば白米のご飯をさすのが一般的ですが、もともと白米に限らず穀物を炊いたもの全般を意味していました。
 そもそも「穀物」とは、米を筆頭とするイネ科植物(あるいはイネ科に限らず澱粉質を多く含む植物)の種子の総称で、米以外の穀物を「雑穀」と称します。また、韓国語、日本語、中国語において「五穀」ということばがありますが、これは主要な穀物をさす漠然としたことばで、具体的に何と何をさすかは時代や地域によって違っており、必ずしも五種類をさすわけでもないようです。現代の韓国では、五穀 として米、大麦、黍[きび] 、粟[あわ]、大豆 などをさし、日本では稗[ひえ] を入れることもあります。
 韓国料理におけるご飯類、すなわち「パプ」のつく料理は多岐にわたりますが、代表的なものをいくつか挙げてみましょう。

白いご飯
雑穀や具などを混ぜず、白米100%で炊いたご飯のこと。 ということもある。

麦飯
韓国のポリバプは日本でいう「麦飯」のイメージより麦の割合が多く、全体の2〜3割、多いときには米と麦を半々に混ぜることもある。さらにといって、全体の9割方が麦という麦飯もある。

五穀飯
うるち米に雑穀を数種類混ぜてたいたご飯。うるち米以外によく使われる材料として、もち米、粟、黍、小豆、黒豆などがある。雑穀飯 ということもある。
オゴッパプ
ヤッパプ
ピビムパプ

おこわ
もち米に小豆を1〜2割加えて炊くか蒸した、いわゆる「お赤飯」をさすことが多いが、小豆以外に栗、黒豆、なつめなどを加えることもある。
また、チャルバプのひとつに、もち米にこれらの木の実と黒砂糖、蜂蜜、ごま油などを混ぜて蒸し上げた薬飯 もある。

混ぜご飯
ご飯の上に数種類のナムル(野菜や山菜の和えもの)やそぼろ、卵などをのせた丼状のご飯。全体を混ぜて食べる。


 また、 といって、炊き込みご飯に分類されるものもいろいろあります。代表的なものに、 など。

コンナムルパプ ムウパプ

 さらに、形態や調理法によって分類される、次のようなご飯料理も、各々いろいろな種類があります。
  日本のカレーライスのように、ご飯に少しかかるようにして具を盛りつけるスタイルが多い)、

クッパプ ポックムパプ キムパプ



キーワードのバックナンバー一覧
2012年以前のバックナンバーの一覧が掲示されています。
ナビゲーションバー下
サイトマップ
プライバシーポリシー
著作権について
コピーライト
モランボンロゴ
tom="-2px"; document.getElementById("moranbong_rogo").style.margin="0px 0px -10px 0px"; }