キーワードで見る食文化
韓国の食文化について、伝統から現代の習慣・行事にいたるまで、1テーマずつ読み解いていきます。

スペーサー
5月のキーワード テジカルビ
スペーサー
 テジカルビ( )とは、豚(テジ) のあばら肉(カルビ)すなわちあばら骨の回りについた肉のことです。ちなみに、単に「カルビ」といえば牛のあばら肉をさします。牛豚とも「カルビ」というとき、あばら骨を取り除いた肉だけの場合と、骨つきの場合の両方を含んでいます。
 肉の呼び名は日本語・韓国語ともまぎらわしく、さばいたときの部位名である場合と、そこから意味が転じた俗称である場合があります。
韓国語でいうときの「テジカルビ」はその両方の意味を含んでいて、上述のとおり「豚あばら肉」という部位名であると同時に、そこから意味が転じて、必ずしもあばら肉でなくても「豚薄切り肉」一般をさしたり、それを甘辛いタレで焼いた「豚焼肉」をさすこともあります(その場合、「ヤンニョムテジカルビ」()あるいは「テジカルビクイ」()などと呼ぶこともあります)。
ヤンニョム テジカルビ

サムギョプサル

 また、よく似たものに「サムギョプサル」()がありますが、こちらは「豚バラ肉」または「豚三枚肉」と呼ばれる豚の腹部分の肉のことで、それをカリカリに焼いた「豚バラ肉の塩焼き」をさすこともあります。

テジカルビを使った韓国料理
テジカルビクイ):豚焼肉。
「肩ロース」「もも」「切り落とし」などさまざまな部位の豚薄切り肉を、甘辛いタレで味つけして焼いて食べる、庶民的な焼肉。ヤンニョムテジカルビ()ともいう。

テジカルビチム):骨つき豚あばら肉の蒸し煮。
豚スペアリブをコトコトと甘辛く煮込んだもの。
スペーサー
テジカルビチム



キーワードのバックナンバー一覧
2012年以前のバックナンバーの一覧が掲示されています。
スペーサー
ナビゲーションバー下
サイトマップ
プライバシーポリシー
著作権について
コピーライト
モランボンロゴ
tom="-2px"; document.getElementById("moranbong_rogo").style.margin="0px 0px -10px 0px"; }