韓国の食文化 キーワードで見る食文化
韓国の食文化について、キーワードから読み解いていきます。
食文化の伝統から現代の習慣・行事にいたるまで、1テーマずつ紹介。
韓国料理の奥深さ、味の文化をお伝えします。

スペーサー
6月のキーワード にら プチェ
スペーサー
 中国西部原産で、現在は西アジア〜東南アジア、東アジアにかけて広く栽培されます。生命力の大変強い植物で、根元から葉を刈り取ってもすぐに新芽が伸び、20日ほどで繁茂してくるため、春〜秋にかけての生育期間中に何度も収穫することができます。
 にらは、大きく分けて細葉系と広葉系の品種があり、日本では暑さと乾燥に比較的弱い広葉系が栽培の主流なのに対し、韓国では耐寒・耐暑・耐乾性があり辛味の強い細葉系の在来種が主流となっています。また、韓国にはスペーサー(ホブチュ) という下部が白い品種や、スペーサー(シルブチュ) という松葉ほどの細い品種もあり、料理によって使い分けられます。
 栄養的にみると、にらはビタミンA・B2・Cや、カルシウム、カリウム、鉄などのミネラルが豊富な緑黄色野菜。独特なにおいの成分、硫化アリル(アリシン)が、にんにく同様ビタミンB1と結合してその吸収を高め、体内に長く留まらせるため、体によいさまざまな効果が見られます。具体的には、胃腸のはたらきを助け、体を温め、代謝促進、疲労回復、強壮作用、食欲増進、胃腸、老化防止、風邪予防、抗がん効果などです。

 にらを使った韓国料理には、次のようなものがあります。
プチュコッチョリ
プチュコッチョリ
・プチュギムチ  : にらのキムチ。
スペーサー
・プチュコッチョリ  : にらの即席和え。
スペーサー 柔らかいにらやシルブチュを使って、生のまま薬味じょうゆなどで和えたもの。
スペーサー
・プチュムッチム  : にらの和えもの。
プチュムッチム
プチュムッチム
にらをさっと茹でて塩味やみそ味、とうがらし酢みそ味などで和える。
スペーサー
・プチュジョン  : にらのお焼き。
小麦粉生地ににらを混ぜて油で薄く焼いたもの。
スペーサー
また副材料として、炒めものや煮もの、鍋ものなどにも使われます。



キーワードのバックナンバー一覧
2012年以前のバックナンバーの一覧が掲示されています。
スペーサー
ナビゲーションバー下
サイトマップ
プライバシーポリシー
著作権について
コピーライト
モランボンロゴ
tom="-2px"; document.getElementById("moranbong_rogo").style.margin="0px 0px -10px 0px"; }