韓国の食文化 キーワードで見る食文化
韓国の食文化について、キーワードから読み解いていきます。
食文化の伝統から現代の習慣・行事にいたるまで、1テーマずつ紹介。
韓国料理の奥深さ、味の文化をお伝えします。

スペーサー
5月のキーワード サム サム料理
スペーサー
 韓国には、ご飯や肉、おかずなどを何かに包んで食べる食文化があります。包んで食べることを「サ モンヌンダスペーサー( サ モンヌンダ ) あるいは「サム サ モンヌンダスペーサー( サム サ モンヌンダ ) といい、包んで食べる料理を 「 サムスペーサー( サム ) といいます。
 サム料理が韓国で好まれる背景には、「福を包む」という意味がこめられていることがあげられます。
 包む野菜には、サンチュ、えごまの葉、エンダイブなど生のまま使うものと、かぼちゃの葉、ふきの葉、白菜などさっと茹でたり蒸したりして使うものがあります。また、春菊、わかめなど、一見包むのに難しそうなものでも、たたんだり重ねたりして上手に包みます。

(サム)料理のいろいろ>
スペーサー
スペーサー

ポッサム
ポッサム
スペーサー
ミルサム
ミルサム
(ポッサム)スペーサー
スペーサー
」( テジポッサム )、スペーサー 」( チェユッポッサム ) の略語で、スペーサースペーサー茹で豚肉の薄切りを野菜で包んで食べる料理。スペーサースペーサー「ポ」とは風呂敷のことで、風呂敷のように包む意味があります。スペーサー
(サムパプ)スペーサー
包みご飯。ご飯やおかずを野菜で包んで食べる料理。
(ミルサム)スペーサー
8種類の色とりどりの具を、小麦粉の薄皮で包んで食べる料理。同じミルサムでも、八角形の専用の螺鈿漆器に盛りつけた場合、器の名をとって「九折板 ( クジョルパン )」と呼ばれます。
・その他、焼肉もたいてい野菜に包んで食べます。
スペーサー

( サムジャン )>
スペーサー
 ポッサムやサムパプ、焼肉のサムでは、肉やご飯とともに、 ( サムジャン ) とよばれる薬味味噌を一緒に包みます。スペーサー
サム野菜とサムジャン
サム野菜とサムジャン
 サムジャンは、コチュジャンや味噌、しょうゆ、にんにくなどの薬味調味料を混ぜ合わせて作りますが、そのほかに炒めた牛肉を混ぜたり、肉スープでのばしたりと、家により店により、さまざまな工夫が凝らされます。また、こうしたサムジャンの市販品も出回っています。




キーワードのバックナンバー一覧
2012年以前のバックナンバーの一覧が掲示されています。
スペーサー
ナビゲーションバー下
サイトマップ
プライバシーポリシー
著作権について
コピーライト
モランボンロゴ
tom="-2px"; document.getElementById("moranbong_rogo").style.margin="0px 0px -10px 0px"; }